ピープルカウントソリューション

オンプレミス JAVA APP

ローカルネットワーク(LAN)環境で完結するデータ収集ソリューション

店舗DX化に最低限必要な潜在顧客の把握に!

DataPLUS Javaでは、店舗入り口に設置するIOTセンサーから送信される 入退店データを集計、可視化、出力までを行うソリューションを提供します。 オンプレで完結できるためクラウドシステムに比べて月額のサービス利用料が発生しないため導入のハードルも低く、高精度のデータ収集が期待できます。
多店舗のデータでもVPN下であれば一元管理まで可能なWEB アプリケーション です。 データの収集を開始してある程度運用方法が定まってきたらクラウドサービスへの移行も行う事ができます。
高精度のTOFセンサーを店舗へ設置 POEを経由してクライアントPC(サーバ)とLAN接続してデータを収集します。
POEの先にWIFIを介することでWIFI対応も可能です。

特徴

こんな方に!

・店舗のDX化をしたいけど、何から始めたらよいか分からない

・ピープルカウンターは導入したいが、店舗毎にデータが収集できれば良い

・クラウドに毎月の費用を支払うのは避けたい

・データの精度は高いものが欲しい

システム構成

センサーと同一ネットワーク内のPCにアプリをインストールしてWEBサーバ化
同一ネット内の他のPCからもデータを確認できます。 施設・店舗にセンサーを設置 LAN配線1本で既存のNW機器へ接続するシンプルな構成です。  

精度の高い入店データ

DX化で一番大事なデータである‟潜在顧客数”の獲得は、規模の大小にかかわらず必須の指標です!

DX化と言っても何をするべきかで悩まれている店舗であれば、まずは基礎データとなる入店者数を測定しましょう。 「入店者数」を「時系列」に「出来るだけ正確に」集計することが出来れば、その先のDX化に向けた準備は8割は整ったと言っても過言ではありません。 「出来るだけ正確に」が非常に重要なポイントとなります。 ピープルカウントではシステムや環境要因の組み合わせにより必ず誤差が発生します。 可能な限り誤差要因を排除したシステムを導入することで、その先の応用データの質が大きく変わります。 

DataPLUS JAVA アプリケーション

センサーと同一ネットワーク内のPC(サーバ)で起動してIOTセンサーからデータを収集します。

WEBブラウザを利用したアプリケーション

収集されたデータはデータベース化され、HTTP通信によりクラウドサーバなどへ送られ上位アプリのWEBデータ分析アプリの基礎データとなる他、本アプリ単体の利用でも基礎データとして日次出力や月次出力でCSVデータとして取得することが出来ます。 また、v3ではサイネージ機能を追加。ロケーション毎に各センサーのカウントラインに設定された入場属性のものを「入場者合計」に、退場の属性のものを「退場者合計」として、差分を「滞留者」として集計し、リアルタイム(最短1分毎更新~)データの表示および30分毎の時系列データの表示を行います。  WEB分析アプリまでは必要のないお客様でも単体でご利用いただくことが出来ます。

ホーム画面

「ロケーション」>「IPセンサー」>「カウントライン」別にデータの一覧をモニターが可能です。  VPN下であれば多店舗のデータを一元管理も可能です。 

CSV出力

1日のデータは営業終了時間に自動で出力できる他、手動で「日次」「月次」「範囲」データの出力も可能です。 出力データカラムの選択や、出力レコード、曜日の選択を行った出力も行えます。

サイネージ画面

設定したロケーション内のリアルタイム更新データをサイネージ表示します。 入場者の累計、退場者の累計及び、滞留者数を表示するほか、時系列データも一覧表示します。 同一ネットワーク内にサイネージ用のPCなどを設けることで常時表示させることが出来ます。